そえぶみ箋(負文亀)

価格: ¥450 (税込)
数量:
デザイン在庫購入
1種類のみ

twitter

慶應義塾の貴重書コレクションの中から、甲羅に吉祥文を持つ負文亀(ふぶんき)の絵を素朴な風合いのある美濃和紙にデザインしました。 手のひらサイズのそえぶみ箋は、ちょっとした手紙や、メモとしてご活用いただけます。
プレゼントやお祝いに添えるカードとしてもおすすめです。紙がぴったり収まる封筒付きです。

「寛政造内裏紫宸殿中戸上負文亀」の絵は、第33回慶應義塾図書館貴重書展示会「蒐められた古 ―江戸の日本学―」において初公開された、近世の国学者橋本経亮(はしもとつねすけ)(1759~1805)の旧蔵資料「香果遺珍(こうかいちん)」のひとつです。 天皇の居所である内裏(だいり)における紫宸殿(ししんでん)の正面中央の戸に、獅子・狛犬とともに描かれた負文亀は、絵師住吉広行(すみよしひろゆき)(1754~1811)が寛政4年(1792)に完成させたもので、その腹案ないし下書きであった可能性もあり、注目されています。

関連グッズとして、「香果遺珍(こうかいちん)クリアファイル(負文亀)」もございます。

商品仕様

製品名: そえぶみ箋(負文亀)

商品概要

◆サイズ/便箋7.3×11.4cm、封筒12×8.2cm
◆便箋30枚、封筒5枚、「負文亀」作品解説カード付、OPP袋入

売れ筋ランキング

下記にメールアドレスを入力して、登録ボタンを押してください。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 三田インフォメーションプラザ休業日
  • 公式グッズコーナー休業日


【三田インフォメーションプラザ開室時間】

月~土曜日 10:00~18:00
日曜・祝日 10:00~16:00


公式グッズコーナー及び紹介コーナーは上記の時間で開室しております。

ページトップへ